<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

シンフォニー東京湾クルーズ。   

シンフォニーの東京湾ランチクルーズに行って来ました。
実はANAのマイレージ交換なんですけど。
いつもマイルが貯まるとカバンなどモノばかりだったので、今回は食事にしました。
GWにバイクに乗りたいので点数稼ぎもあるんですけどね。。(笑
d0147789_20573810.jpg

ANAの15000マイル交換は、シェフのおすすめコース。
フレンチだそうです。
(8,200円コース)
出航してすぐレインボーブリッジ。
d0147789_2058614.jpg

若鶏胸肉の前菜。
d0147789_20582537.jpg

スープの後に、魚介の前菜2。
d0147789_20584621.jpg

東京ゲートブリッジを抜けて東京港から東京湾へ。
d0147789_2101025.jpg

メインの牛ロース肉のグリエ。
d0147789_2103235.jpg

デザート。
d0147789_2105068.jpg

食後にオープンデッキに出ると東京湾から羽田空港、TDLも見えて気持ちいい♪
d0147789_2112224.jpg

今日はGW前に、とってもいい点数稼ぎが出来ました(笑




シンフォニークルーズ
[PR]

by seajacker | 2015-04-29 21:04 | Day Off | Trackback | Comments(4)

北海道出張の合間に。。   

北海道出張に行って来ました。
自分は仕事で北海道に訪れたのは初めて。。

出張の合間に時間が出来たので、電車に乗って余市に行って来ました。
余市といえば、そう朝ドラ「マッサン」の舞台となったニッカウヰスキー余市蒸留所
d0147789_20592074.jpg

自然豊かでゆったりとした時間の流れる工場です。
自分が普段出張で訪れるフォークリフトや大型トラックが入り乱れている慌ただしい工場とは違いますね(笑
d0147789_20595554.jpg

ポットスチル。
現在ではスコットランドでも珍しくなった石炭の火力による熱を使った蒸溜法を守り抜いているそうです。
効率性を超えた味へのこだわりなんですね。
感慨深い場所です。
d0147789_210679.jpg

敷地内にある竹鶴政孝とリタ夫人の生活していた家。
マッサンとエリー、そのまんまです。
この他にも研究所は今リタハウスという名前になっていました。
旧事務所はマッサンが亡くなった翌年に余市町文化財に指定されたそうです。
d0147789_2104767.jpg

ウイスキー館にある試飲コーナーでは無料の余市モルトの他に有料のプレミアムウイスキーもありました。
これはここでしか飲めない一口750円の25年もののシングルモルト。
飲み干した後の後味が全然違います。
他に35年ものがありました、一瓶の値段は。。w(@o@)w
d0147789_2111527.jpg

従業員の方に「一番ピートの効いたものはどれですか?」と尋ねたらコレを勧められました。
ピーティー&ソルティの12年。
ここでしか販売されていない、ピート香にこだわったハイランドケルト系の味だそうです。
連休にゆっくりスモーキーフレーバーを味わってみましょう(^^
d0147789_2124510.jpg

札幌に戻ってジンギスカンを求めてすすきのに
ひげのうし本店
臭みが無くて美味しいです♪
これはビールがススム♪
d0147789_2133340.jpg

さらに一杯飲みに、元ドリカムの西川さんのBarに
少しお話させて頂きましたが、今は音楽活動はしていないようです、でも楽しく仕事されていました。
d0147789_214931.jpg

え~と、これだけですと遊びに行っているようですが、
今回の出張、ちゃんと仕事もしてきましたよ(笑
[PR]

by seajacker | 2015-04-28 21:07 | Job | Trackback | Comments(2)

CB1100タンクカスタム④ ~完成~   

キャンディ色とはキャンディの色(?)の名前だと思っていたのですが、まったく違う色の下塗りと上塗りを組み合わせて深みのある艶を出すキャンディペイントという塗装の方法だとか。。

ということで、今回は出来るだけ「当時」を知っている人には一緒に懐かしんでもらおうと(笑)
1972年式CB350Four用のキャンディレッドを浜松第一塗装さんから塗料セットで取り寄せました。
サイドカバーも塗るので一応500ccセット(レシピ付き)
後々カウルも塗るかもしれないしね。

前回のキャンディ下地のシルバーから塗料の浮きを抑えるためクリア磨き
d0147789_17573612.jpg

そして上塗りのフレークマタドールレッドでキャンディにしていきます。
d0147789_175816.jpg

4回塗りで仕上げたとのこと。
ライン養生テープを取るとこんな感じ。
結局CB1100純正のキャンディーグローリーレッドと見た目あまり変わらないかも。。(笑
d0147789_1811070.jpg

ここからラインを修正して、エンブレム用の黒と白を2枚重ねたステッカーを貼り、その上からクリア吹き、最終磨き。。
そして完成です。

世界で一つだけのタンクが出来上がり☆☆
完全に自己満足の世界ですね(^^
d0147789_1813038.jpg

さっそく取付けました。
サイドカバーもCB1100EX用を同色に塗装。

またもチバ11さんにスーパージェッターしてもらってお付き合いして頂きました(^^
以前のカウル(ロードコメット)はレトロなCB350Four(風)には合わないので、主張の少ないデイトナのブラストバリアーに変更しました。
やっぱりノスタルジック感という意味ではスクリーンを付けたくないのですが、オヤジは高速の風圧には耐えられませんよ(^^;
d0147789_1804531.jpg


d0147789_1821346.jpg

ミラーもスリ抜け重視で付けていたナポレオンミラー(角型)はちょっと合わないので丸型に戻しました。
しかもZIIショート。

何でここまで来てホンダじゃなくてカワサキだよっ!というところですよね(#^o^#;;)
元々ハンドル幅の広いCB1100、やっぱり純正のロングはすり抜けが怖いのでショートにしたくて。。
結局カタチの気に入ったのはコレしか無かったので(^^;;


さあ、明日は。。。

明日から北海道に出張です(― ―;;






ち・な・み・に
当時のCB350Fourはこんな感じ

[PR]

by seajacker | 2015-04-25 18:04 | CB1100 | Trackback | Comments(10)

CB1100タンクカスタム③ ~途中経過2~   

さて、タンクのカラーリングですが、ここでネタを紹介。
1972年式のHONDA CB350Fourのカラーリングを目指します。

はい?? という方が多いと思います。花形はCB750FourやCB400Fourといったところですもんね。
現在自分のCBのマフラーは4本、そしてCB1100EX純正タンクの絞りラインを生かすことを考えたらCB350Fourに辿りつきました。
それに他にやろうと思う人がいなそうだし~(笑)

当時のCB350Fourはこんな感じ。(netから借用)
d0147789_20493162.jpg

2回りくらい小さいし、エンジンも1/3以下なので、このカラーリングがCB1100に似合うのかは全くわかりませんが、とりあえず「個性」が好きなのでやっちゃいましょう♪
たぶん街で乗っていたとしても判る人は少ないのではないですかね、「ん?」くらいで(笑)
そーゆーマイノリティが大好きです(^^

最初のザックリとしたイメージはこんな感じ
d0147789_20495433.jpg

そして最初のベースカラーは太ラインに使う白です。
ラインの太さは7mmにしました。
d0147789_20502226.jpg

次は内側の黄色ラインは間隔を3mm開けて、ラインの太さは3mmで塗装してもらうことにしました。
ラインの位置は試行錯誤の上、4度貼り換えてもらってやっと自分のイメージに♪
カスタムショップの社長さんも、こういうの嫌いじゃないらしくワガママを聞いてくれて色々アイデアも出してくれました。彼も楽しんでいる感じ♪


HONDAロゴはエンブレムにしようか塗装にしようか最後まで迷ったのですが。
自分のイメージするサイズのエンブレムが無かったので、ステッカーを貼ることにしました。
黒枠のロゴステッカーと白文字のロゴステッカーを製作し2枚重ねてクリア層の下に貼付けることにします。

なんかこのタンクは昔CB750Fourが白バイだった頃のカラーリングではないですかね!?(懐かしい^^)
d0147789_20505199.jpg

今日は白色と黄色帯のラインを順番に吹き終わり、キャンディレッドの下地色のシルバーが塗られているところでした。
HONDA純正色の塗料なのですが、メタリックのツブツブがキツくてクリアで磨きながら重ね塗りしているそうです。
d0147789_20511963.jpg

問題なのはサイドカバー。
CB1100純正の逆三角形ではちょっと雰囲気が違います。
なのでCB1100EXのサイドカバーなんですが、取付くか否かは実績不明。
ここは自分が人柱になって投資です(笑)
(コレ前回のブログで出しましたが)
バッチリ☆取付くことが判明したので、EX用サイドカバーも同じくキャンディレッドに塗装することにします。
d0147789_20521698.jpg

さて、あとはキャンディレッドにするための上塗りのフレークマタドールレッド、磨き、クリア、磨き…で終了の予定。
どんな感じになるんでしょうか。。


次は「完成編」になるのかな。。?(^^
[PR]

by seajacker | 2015-04-10 20:54 | CB1100 | Trackback | Comments(12)

CB1100タンクカスタム② 途中経過   

オッチャンは普通ノーマルで乗るよね。

でも少しはファンキーにしたい(笑)

などと、とりかかったタンクの塗装。

純正の丸型エンブレムの平滑処理が終わりました。
d0147789_16255140.jpg

今日は入れるラインの位置、太さ、間隔などの打ち合わせ♪

d0147789_16261698.jpg


そしてもう一つ、別の問題点。
このカタチが絶対欲しい!と先走りで頼んでしまったEXのサイドカバー
ショップに入荷したので右側だけ持って来て取り付けてみました。
何とか無番に取付きそうです☆
d0147789_1631572.jpg

あ~怖かった、人柱(笑)


さて、後はショップにお任せです。

こういうのって、久しぶりに童心に還るもんですね(^^
[PR]

by seajacker | 2015-04-04 16:36 | CB1100 | Trackback | Comments(8)