2017年 07月 12日 ( 1 )   

出雲の国へマイレージの旅(続編)   

出雲も旅の続編です。

睡眠不足のまま到着しました、JR出雲市駅に。
予約していたレンタカーを借りて一番の目的地、出雲大社へ。
d0147789_20342556.jpg

島根県は関東と違って周りの景色も本当に神々が集まる国。。という感じです。
d0147789_2035115.jpg

出雲そばのお店に入りました。
これも今回のお楽しみ♪
美味しいです。
d0147789_20354421.jpg

参道でお昼を食べた後は、古代出雲歴史博物館。
古代のロマンが広がります(^^
d0147789_20361922.jpg

すぐ近くにある稲佐の浜。
八百万の神々が降りてくる浜だそうです。
もし神様が見えたら10月は凄いんでしょうね(笑
d0147789_20365028.jpg

お次は須佐神社、祀られているのはスサノヲノミコト。
高天原で数々の罪を犯し、騒ぎを起こして、姉の天照大神(アマテラスオオミカミ)によって追放されるという乱暴なな神様(笑)
でも八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に苦しめられていた人々を助けた英雄でもあります。
d0147789_2037469.jpg

ここで2泊目の宿、玉造温泉へ。
d0147789_20382957.jpg

あ~、
この一杯のために仕事してるって感じ(笑
d0147789_20391178.jpg

翌朝朝食前に、歩いて5分の玉作湯神社。
願い石と叶い石で願い事が叶うとか。。
女子にウケそうな神様ですね(^^
d0147789_20394535.jpg

旅館をチェックアウトして熊野大社。
コチラに祀られている祭神の名は、「伊邪那伎日真名子 加夫呂伎熊野大神櫛御気野命」。
実はこれ、たった1人の神様の名前。
「伊邪那伎日真名子(いざなぎのひまなご)」=父神である伊邪那伎命がかわいがった御子「加夫呂伎熊野大神(くまののおおかみ)」=熊野の地の神聖なる神
「櫛御気野命(くしみけぬのみこと)」=素盞鳴尊(すさのおのみこと)の別名です。
d0147789_2041372.jpg

お次は神魂神社。
あまり知られていないらしく、旅館の人に教えてもらった神社です。
出雲大社より位が高いですよ…と言っていたのは、両親であるイザナギノミコトとイザナミノミコトが祀られています。
本殿は日本最古の大社造として国宝に指定されていて、出雲大社を創建するとき、神魂神社の倍率に設計された
という話もあるそうです。
d0147789_20415440.jpg

最後に八重垣神社。
ここは出雲の中でも縁結びの代表格的神社です。
d0147789_20424610.jpg

縁結びの聖地、鏡の池。
よって女子率高いです(笑
出雲はサンライズから女子率高かったですよ(^^
d0147789_20434426.jpg

ここには奇跡の「夫婦椿」というのが2本もあり、夫婦のみなさんもご利益ありますよ(笑
写真は鏡の池のご縁占い♪
d0147789_2045699.jpg

出雲の国の神社巡りを終えて、鳥取県の境港にやってきました。
これはCMで有名になって、今では地図にも書いてある「ベタ踏み坂」
この写真は島根県側です。
d0147789_20454746.jpg

お昼は境港で海鮮丼。
美味しい♪♪
d0147789_20463549.jpg

水木しげるロードではこんなことして(笑
d0147789_20465870.jpg

お昼を食べたらまた島根県に戻ってきて、国宝松江城。
現存12天守の1城で姫路城に続いて2番目の高さです。
d0147789_20472524.jpg

堀川めぐり。
お堀めぐりというより松江城を取り囲む堀川を約50分かけてゆっくりと遊覧。
舟は低~い橋もくぐるので自動車高調入りです(笑
d0147789_20475295.jpg

レンタカーを返して、一畑電車に乗りました。
映画RAILWAYSの舞台となったノスタルジックな単線電車ですね。
d0147789_20481715.jpg

映画で車両整備やホームでのシーンの多い雲州平田駅で下車。
3泊目はここで。
d0147789_20484538.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・

かなり省略して帰りは出雲縁結び空港から。
行きは12時間、帰りの飛行時間は1時間8分(笑
d0147789_20493348.jpg

後半かなりはしょってしまいましたが、長々と失礼しました。

今回の旅で「未踏の県」を2つ消化しました。
残る未踏の県は青森、高知、長崎。。かな

バイクだと長期休暇が必要なので、まずはマイレージ旅になりそうかな~





Dayoff
[PR]

by seajacker | 2017-07-12 21:02 | Day Off | Trackback | Comments(4)