CB1100 レバー交換。   

先日の300kmツーリングで、左腕はパンパン。
もう少しクラッチ操作をどうにか出来ないか…と考え。
三十数年前に流行った「「パワーレバー」は現在もあるのかと調べたところ
ありました「ビレットレバー」

ということで交換しました。
まず写真は純正クラッチレバー。
d0147789_1012423.jpg

レバーを外すと油圧ピストン用のロッドが顔を出します。
d0147789_1013366.jpg

ロッドに刺さるカラー(真鍮)は純正品をそのまま使うようです。
d0147789_10131977.jpg

純正(左)は軸受部にオイルレスメタルが圧入されていますが、ビレットレバーは穴が開いているだけ、アルミ地のままです。
万能グリスをタップリ塗布してビレットレバーに組み込み。
でないと半年後にキコキコ鳴るでしょうね。
d0147789_10133818.jpg

クラッチ取り付け。
余ったグリスは軽く拭き取りました。
レバー位置は6段階に調節出来ます。
クラッチの重さはもちろん変わりませんが、握りやすくなりました。
色のレパートリーが豊富なのですが、自分はレバーをチタンカラーにアジャスターをゴールドで選びました。
ん~、カスタム感が出ていい感じ♪
d0147789_10144179.jpg

逆側の純正のフロントブレーキレバー
d0147789_10145794.jpg

同様にビレットレバーに交換。
こちらはかなり近くなった感じ。
近すぎると逆にパニックブレーキが怖いので離します。
d0147789_10151787.jpg

余った純正レバー。
これが一つの目的でもありました、コケで破損した場合の予備パーツとしてツーリング時には携行することにします。
d0147789_1015342.jpg

もちろんレバー操作が軽くなった訳ではありませんが、クラッチ、ブレーキとも握り易くなりました。

レバーを軽くするのはマスターシリンダー交換ともっとお金がかかる(6万円くらい)ので、
自分の握力を鍛えた方が安くつきますね(笑



あとはお手頃な軽量化はライトタッチクラッチキットを試してみるか思案中です。。



U-KANAYA アルミビレットレバー (ロングタイプ)
[PR]

by seajacker | 2013-12-23 10:16 | CB1100 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://seajacker.exblog.jp/tb/20136635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 大晦日。 ショップのツーリングに参加して... >>